着物買取で買取してもらうための三原則

近年、生活様式の洋風化にともない、着物を着る機会が少なくなってきています。
どうしても着物を着る機会が少なくなると箪笥の肥やしとなることは誰もが経験があることです。
そんなときには、着物買取専門の買取業者に依頼することになります。
しかし、どういった着物が高く買い取ってもらうには、いくつかのルールがあります。
一番最初にやらなければならないことは、着物の状態をチェックすることで、これは、基本中の基本であるといって良いです。
新品や未着用の着物であるほど高額査定になります。
どの買取店でも10年以内の着物であれば、高額査定の対象になります。
シミや汚れなどがあれば減額の対象となるため注意が必要になります。
きちんと保管していても着物は正絹ですから年々劣化していくといって過言ではありません。
着る機会がないと判断した場合は早めに着物買取査定に出すことが望ましいです。
10年以上経過した着物の値段は購入時に高価な品でも価値が下がることもあり得ることです。