着物買取査定員は着物のどこを見て評価する

着物買取に着物を査定に出した時、一体査定員は何を基本にチェックするのかを知っておくと、事前の準備もしやすいです。
基本的にいくつかのポイントをチェックしますから、着物買取へ出すときには、できるだけ綺麗な状態で出すようにします。
基本的な着物の保存状態の良さは目が光るとことですし、素肌に直接触れる部位の汗でできたシミや、着物表面のシミや汚れも確認するポイントです。
有名作家や伝統工芸品の証紙やであったり、ほかにも落款の有無だとか、流行にのったデザインかどうか、時代のトレンドにもあっているかも見ます。
着物のサイズは身丈160センチ以上か、裄丈65センチ以上か、それから着物の付属品がついているかなども確認項目です。
プロの着物買取業者の査定員は細かく見ていますので、着物のサイズや本物かどうかの照明に、中古着物の保存状態や人気度なども確認をします。
着物や帯を着付ける際に必要になる、帯揚げや帯留や帯揚げから始めり、和装用のバッグに草履なども、一緒に合ったほうが査定額を上げる方法です。